効果・効能

カマグラ100の効果・飲み方・副作用について

更新日:

さまざまなED治療薬がありますが、カマグラ100mgはとても人気の治療薬のひとつです。

その理由としてバイアグラのジェネリック薬品ということが挙げられます。

 

バイアグラは世界初のED治療薬として1998年にアメリカのファイザー社から製造・販売

がされました。

有効成分のシルデナフィルはもともと血管拡張の効果があることから、狭心症や心筋梗塞などの心疾患の治療薬として研究開発がされていました。

しかしシルデナフィルは心疾患の治療薬としては期待通りの成果はありませんでしたが、ED症状に対して勃起を促す効果が認められシルデナフィルは世界初のED治療薬としてバイアグラの販売が開始されました。

 

このバイアグラの有効成分のシルデナフィルはカマグラ100にも同様に含まれているので、世界初のED治療薬であるバイアグラと同様の効果を得られることが可能となります。

 

今回はカマグラ100の効果・飲み方・副作用についてまとめていきたいと思います。

カマグラ100の効果について

カマグラゴールド通販

カマグラの有効成分であるシルデナフィルは

・血管拡張をして血行を良くする効果

・PDE-5を阻害する働き

があり、勃起を促進する効果があります。

 

 

では、具体的にカマグラ100がどのような効果があるのかについてお話をするために、勃起の仕組みについてふれていきたいと思います。

 

勃起の仕組みについて

勃起は性的刺激の伝達と血液の働きが作用することで、太く硬くなります。

性的刺激を、視覚、聴覚、嗅覚、などの五感から興奮として感じ取ると、性的興奮が刺激となり大脳から脊髄の神経まで伝達されます。

そして性的刺激が脊髄にある勃起中枢・勃起神経に届くと陰茎部へと伝わります。

 

勃起神経に性的刺激が伝達すると体内で一酸化窒素(NO)が分泌され、一酸化窒素(NO)には血液の流れを良くしてcGMPという物質を活性化させます。

 

cGMPとは勃起を起こすうえでとても重要な物質で、血管を拡張する作用と筋肉を緩和させる作用があり、cGMPは海綿体にある平滑筋という筋肉を和らげます。

筋肉が緊張している状態だと海綿体に血液を確保することができないためcGMPの分泌は非常に重要といます。

 

陰茎部には海綿体という組織があり、海綿体へ血液が溜まることで勃起は起きます。

 

その後、射精が起こると勃起が萎えます。

勃起が萎えるときにはPDE-5という酵素が分泌され、PDE-5がcGMPを分解することで、勃起がおさまるという流れになっています。

 

EDとシルデナフィルの作用について

勃起不全や勃起障害といったED症状を患っている人は、何かしら影響で勃起を起こすときに重要なcGMPの分泌が少ないとされています。

 

そこで効果があるのがカマグラの成分のシルデナフィルです。

 

シルデナフィルは血管拡張と共にcGMPを分解する酵素のPDE-5を阻害する働きがあります。PDE-5酵素を阻害し、血管拡張で血液を確保し海綿体へ血流を送ることができます。

 

 

カマグラ100の飲み方について

カマグラは飲み方が悪いと効果が出ないことがあるので、有効成分をしっかりと実感するには正しい飲み方が大切です。

性行為を行う1時間前で空腹時に50㎎以下を服用するようにしましょう。

 

カマグラの服用後、

効果が出始める時間は服用後1時間後が目安となり、

効果継続時間は服用後4時間~6時間が目安となります。

 

カマグラは服用後、胃や腸の壁から成分を吸収し体内に浸透します。

30分~1時間の時間を掛けて成分が体内に浸透し、血管に届けられることで全身に効果があらわれるようになります。

効果の一番のピークは服用後1時間後となり、その後効果が徐々に低下をしていきます。

 

しかし、正しい飲み方をしないとこの効果を得ることはできません。

どのような飲み方をすると効果が得られないかというと食事の取り方です。

 

カマグラは食事で摂取する脂の影響を受けやすく、脂の影響でカマグラの吸収を阻害されてしまうと効果があらわれないことがあります。

 

具体的な話をすると

カマグラの有効成分のシルデナフィルは服用後胃や腸によって体内に浸透しますが、脂っこい食事のあとは胃や腸の壁にベットリと脂が付いてしまうと成分の吸収がされづらい環境となってしまいます。

 

シルデナフィルは体内に吸収されないと、食べ物と一緒に体外に排出されてしまうので、効果がまったく得られない原因となってしまいます。

 

このことからカマグラを服用するときは

・中華料理

・フレンチ

・焼き肉

などの脂の多い食事を取ることは控えましょう。

どうしても食事を取らないといけないときは食事前の空腹時にカマグラを服用して、1時間程度時間を待ち成分が吸収されてから食事をするようにしましょう。

 

大事なことなのでまとめると、

・食事を取らないといけないときは脂の少ない軽食にするようにする。

・どうしても脂っこい食べ物を取るときには食前にカマグラを服用し、1時間程度時間が経ってから食事を取るようにする。

といったことを意識してカマグラを服用するようにしましょう。

 

カマグラ100の副作用について

StockSnap / Pixabay

カマグラを服用することで勃起を促す作用があるとお話をしてきましたが、副作用が起こることもあります。

なぜ副作用が起こるかというと、有効成分のシルデナフィルの働きが関係しています。

 

シルデナフィルは血管拡張を促す作用がありますが、その効果はペニス以外の全身の血行を良くします。

全身の血行が良くなることで、

・頭痛

・鼻詰まり

・顔の火照り

・動悸

・腹痛

・吐き気

などのすることで副作用の症状が出てきます

 

カマグラを飲むタイミングは性行為1時間前が目安で、

効果時間は約5時間~6時間持続をしますが、

この副作用は服用して1時間後がピークとなります。

 

飲み始めてから上記のような副作用が出ても時間の経過とともにカマグラの効果が弱まるので副作用の症状も和らいでいきます。

そのため、副作用が出てもあまり気にしないということでも問題はありません。

 

正しくカマグラを服用すれば基本的には副作用が重く出るということはありませんが、体調があまりに良くないときに服用をすると副作用が強く出ることがあるので、副作用が心配なときは1回分(50mg)をカットするなどして少量で試してみると良いでしょう。

-効果・効能

Copyright© カマグラゴールド宅配便 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.