情報・豆知識

カマグラ100の成分を徹底解説!

投稿日:

カマグラ100はED治療を目的に服用される医薬品です。

ED治療薬になりますので、中折れや勃起力が弱いという勃起障害から全く反応しないという勃起不全に対して、勃起を促してくれる効果・作用があります。

 

ED治療薬のなかでも、カマグラ100は特に人気の薬ですが、初めて海外ジェネリック医薬品を飲まれている方やあまり飲み慣れていない方にとっては、カマグラ100の成分はどういったものが入っているのか知りたいという人もいるのではないでしょうか?

カマグラ100はED治療薬で主流のバイアグラなどと比べて特に金額が安いからということがあり、服用するにあたって「安心して飲めるのか?」と感じる方も少なからずいると思います。

 

今回はカマグラ100の成分についてまとめていきます。

カマグラ100の成分について

カマグラ100はどのような成分が入っているのだろう? と感じられている方へ、安心して服用していただけるように、カマグラ100の成分について解説をしていきます。

 

 

まず、カマグラ100は成分にシルデナフィルという物質が配合されています。

実際に注文ができる、こちらのカマグラの通販サイトを確認してみると分かりますが、

有効成分の正式名称のシルデナフィルクエン酸塩と記載されています。

 

カマグラにはカマグラ100とカマグラ50があり、

それぞれカマグラ100はシルデナフィルが100mg、カマグラ50はシルデナフィル50mgが含有されています。

この、カマグラ100とカマグラ50の商品名の違いは、成分の量の違いだけです。

 

このカマグラの成分のシルデナフィルには、血管拡張とPDE5を阻害する作用があります。

勃起不全や勃起障害を患っている人に対して、これらの作用が体内で働くことで勃起を促すことが可能になります。

具体的に解説をすると、

まず血管拡張についてですが、ED患者は何らかの影響により血流の流れが悪いことが指摘されています。

その影響となる主な原因として挙げられるのは、動脈硬化です。

動脈硬化とは生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症など)に深く関わる合併症のひとつで、血管内が不健康な状況を指します。

本来、健康な血管というのは柔らかくしなやかなことが特徴としてあり、血管内の強い圧に耐えられるだけの柔軟性を持っています。

しかし、動脈硬化を起こしてしまうと、血管が硬くなり血流の圧に耐えられなくなってしまいます。この状態になると、血管内は脆くなり詰まりを起こし体内の血圧循環が著しく悪くなります。

 

勃起を起こすために重要な陰茎部の血管は、他の臓器(心臓や脳など)と比較をして血管の太さが細いため、動脈硬化による血流の悪循環を発症すると影響が受けやすい傾向にあります。

勃起は陰茎部にある海綿体という組織に血液が正常に溜まることで太く硬くなるのですが、血管が不健康なために血液の確保がされないと、十分な勃起が起きない原因になってしまいます。

 

 

また、PDE5阻害の作用についても解説します。

PDE5とは体内酵素のひとつで勃起を起こすうえで重要な働きをしているcGMPをいう物質を分解するものです。

通常、問題なく勃起が起きる人は、性的な興奮を受けると体内の血管拡張物質であるcGMPが活性化し、陰茎部海綿体に血液を送りキープさせます。

射精後に勃起は萎えますが、このときPDE5がcGMPを分解することで血管拡張がおさまり勃起が萎えるという仕組みになっています。

このように勃たせるためにはcGMPの働きは重要なのですが、ED患者はcGMPの分泌が少ないという報告があり、もともと少ないcGMPの環境のなかでPDE5の分解作用が起こることで勃起が起きなくなっているという原因になっています。

 

カマグラの成分のシルデナフィルはこの勃起を起こすうえでの、血管拡張とPDE5阻害に作用することから、治療薬として有効性があるとされています。

 

カマグラ100の成分とバイアグラ成分は同じもの

上記で解説をしたように、カマグラの成分は確かな効果・作用があることからED症状に対して勃起を促してくれます。

でも、このカマグラの成分のシルデナフィルは一体どういった成分なの? 安心なのだろうか? と思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、その心配は不要です。

なぜならカマグラ100の成分であるシルデナフィルはED治療薬で最も世界的に有名なバイアグラと同成分だからです。

 

カマグラ100とバイアグラの成分はなぜ一緒なの?

バイアグラと聞いたら、誰しも一度は耳にしたことがあるというくらい有名なED治療薬です。

バイアグラがなぜそこまでして有名なのかというと、その理由のひとつに世界初のED治療薬ということが挙げられるでしょう。

 

バイアグラの成分のシルデナフィルは、もともとは心疾患(狭心症や心筋梗塞など)の治療薬として研究・開発がされていました。

しかし、臨床試験において心疾患の治療薬として十分な結果を得られなかったシルデナフィルは開発中止となりました。

しかし、臨床試験を受けていた治験者に対して勃起を促す効果が発覚し、ED治療薬として製造販売されるまでに至りました。

 

このバイアグラは先発医療品として販売されているのですが、カマグラ100はそのバイアグラの後発医薬品として製造販売がされています。

 

カマグラ100はバイアグラの後発医療品(ジェネリック医薬品)。関連記事はこちら

 

 

カマグラはバイアグラの後発医療品(ジェネリック医薬品)のため、同じ成分であるシルデナフィルが使われていて、同効果・同用途で安い価格で購入することが可能となります。

 

カマグラ100の成分は安心して服用できる

カマグラ100のみならず、ED治療薬は健康食品のような誰もが飲めるものではありません。そのため、どういった成分が入っているのか心配で飲む前に確認をしておきたいと思われている方もいるでしょう。

 

今回はカマグラ100の成分についてお話をしました。

カマグラ100はどういった成分が入っているのという疑問をお持ちの方は、今回解説したこの記事をお読みいただき、安心して服用できる成分であるということを分かっていただけたかと思います。

 

ED症状で悩んでいてカマグラ100の服用を考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

また、カマグラゴールド宅配便では、カマグラ100の通販をしているお悩み宅急便をおすすめしていますので、ぜひ購入される際は利用してくださいね。

 

-情報・豆知識

Copyright© カマグラゴールド宅配便 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.