情報・豆知識

バイアグラのジェネリック、カマグラを選ぶメリット

更新日:

バイアグラのジェネリック薬品であるカマグラを服用する場合のメリットとはどういうことがあるのでしょうか。

男性であれば誰もが一度耳にしたことのあるED治療薬としてバイアグラがあげられます。勃起不全や勃起障害があり、ペニスが十分に勃たないといったことでバイアグラは飲まれています。

バイアグラを検討されている方にはジェネリック薬品のカマグラをおすすめしています。

ジェネリック薬品は安いことは知っているけど、安いから何か心配だというか方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ジェネリックのことについて知りたいという方へ今回はバイアグラのジェネリックであるカマグラについてまとめていきます。

新薬は莫大な期間と費用がかかる

luvqs / Pixabay

ジェネリック薬品は後発医療品のことで新薬の先発医療品の特許が切れて販売が許可された治療薬です。

新薬は販売をされるまで莫大な開発費用と開発期間がかかるため他の製薬メーカーが真似出来ないように「物質特許」「用途特許」「製剤特許」「製法特許」という4種類の特許が設けられています。

 

  • 物質特許とは

新薬の開発をするときには新薬候補となる物質の研究から行われます。

物質特許は物質そのものを守るための特許です。

新しい成分の発見や新たに科学的に作り出すといった研究が行われ有効成分を候補にあげる基礎研究という工程です。

基礎研究の期間としては2年~3年の期間を要します。

 

  • 用途特許とは

物質研究で成果が出ると、作用や効果・効能の確認をするために動物を対象とした非臨床試験が行われます。

用途特許とは新薬の用途(効果・効能)に対して守られる特許です。

非臨床試験の期間としては3年~5年の期間を要します。

 

  • 製剤特許とは

非臨床試験で成果が出ると、人間に対して製薬上の有効性や安全性を確認するため臨床試験が行われます。人への新薬候補の試験を治験といいます。

また、新薬候補は有効成分の吸収や安全性を確保するために添加物などを用いる工夫がなされます。この新薬候補に調合される添加物を守る特許を製剤特許といいます。

臨床試験の期間としては第Ⅰ相試験・第Ⅱ相試験・第Ⅲ相試験とステップがあり、3年~10年と長期間を要します。

 

  • 製法特許とは

臨床試験で成果が出ると、審査や承認が行われます。

このときに新薬の製造方法や製造アイディアなどを守る特許が発生するものが製法特許です。

期間としては1年~2年の期間を新薬審査・承認申請では要します。

医療品医療機器総合機関にて審査し承認されて新薬は販売が許可されます。

 

 

新薬は研究から販売まで上記のような工程が必要とされます。

トータルの期間としては10年以上、200億円以上の開発費がかかる新薬も珍しくはありません。そのため上記のような特許で守られています。

この新薬の特許が切れることで他の製薬メーカーは販売をことが出来ます。

 

ジェネリック薬品のカマグラはなぜ安いのか

特許が切れることで販売可能となる後発医療品医療品をジェネリック薬品といいます。

ジャネリック薬品は新薬の特許が切れた成分・製造方法を使用されているため、すでに成分に対する有効性や安全性が認められいます。

そのため新薬のように医療薬販売までの開発費用や期間を短縮することが可能となります。どのくらいの違いがあるかというとジェネリック薬品では開発から販売までの期間として約3年といわれていて、開発費などにかかる費用も格段に抑えられています。

 

 

また、特許が切れることで新薬を販売していた製薬メーカーの独占状態でなくなります。

独占状態でなくなることでさまざまな製薬メーカーから新薬と同様の治療薬の販売が始まり販売金額が安くなるといったことも理由としてあげられます。

 

以上のことからジェネリック薬品が安い理由を理解して頂けたでしょう。

 

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社から販売をされ、日本での販売は翌年の1998年です。

医療特許は特許出願してから20年間とされています。

近年になりバイアグラの物質特許・製法特許などが満了したこともあり、多くの製薬メーカーからバイアグラと同様の成分のシルデナフィルのジェネリック薬品の販売がされています。

その中でも人気なバイアグラのジェネリック薬品がカマグラです。

カマグラはインドのアジャンタファーマ(Ajanta Pharma)という製薬メーカーで製造から販売がされています。

インドは特許制度の考えなどが他の国と違いがあることもあり、世界的に有名なジェネリックの製造販売がされています。

ジェネリック薬品の製造が世界一ともいわれているので、インドのアジャンタファーマから販売をされているカマグラは「バイアグラのジェネリックといえばカマグラ」と言われるほど人気なED治療薬です。

 

カマグラを購入することでのメリット

mohamed1982eg / Pixabay

世界的に有名なジェネリック薬品の製薬メーカーであるアジャンタファーマから販売されていることからもカマグラは信頼度が高いです。

 

カマグラを購入することの一番のメリットとして金額が安いということがあります。

 

カマグラは1錠50㎎と100㎎の2種類があります。日本で販売をされているバイアグラ(ジェネリックも含める)は25mgと50mgの大きさが一般的です。

カマグラの2錠が大きい理由として、海外向けの治療薬だからということがいえます。

日本人よりも外国人の方が身体が大きく体格も違うので1錠あたりの摂取量が大きい特徴があります。

 

バイアグラと比較をすると1錠あたりの金額が安いということもありますが、カマグラ100mgをピルカッターなどで2等分や4等分にカットし服用をすることで大幅な節約にるながります。

 

ED治療薬は保険の適用がされないこともあり、高いというイメージがありますがジェネリック薬品のカマグラであれば安いですね。

 

ED症状に限らず、病気の治療は薬を継続的に服用をするということが大切になってきます。

そのため治療をするにあたって治療薬が高いと経済的負担になり、続けて飲めないということにもなりえます。

ED治療薬の中でも安い金額で購入が出来るカマグラであれば、経済的負担も軽減され続けて飲むことができるのではないでしょうか。

 

以上のからED症状にお悩みの方はバイアグラのジェネリックであるカマグラをおすすめします。

 

-情報・豆知識

Copyright© カマグラゴールド宅配便 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.