情報・豆知識

血圧が高い方がカマグラを服用するときに気を付けたいこと

更新日:

EDには薬が沢山あってその中でも効果が高くて安い、カマグラは人気が高いです。しかしカマグラは、血圧の薬は気を付けて服用しないと大変なことになってしまいます。

どのようにカマグラが作用して血圧と関係してくるのでしょうか。また、カマグラと血圧の薬を併用して飲んでしまったどうなってしまうのでしょうか。そして他の薬との飲み方も気になりますよね。

そこで今回は、カマグラと血圧の関係や、高血圧の薬との付き合い方もお伝えしていきます。

 

カマグラは血圧の薬と相性が悪い?

geraldoswald62 / Pixabay

カマグラは、EDの治療薬として、バイアグラのジェネリック医薬品としてインドの製薬会社アジャンタファーマが作りました。

バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルが含まれているため、バイアグラと同じような効果で、安く手に入るとして人気が高い商品です。

 

しかし、カマグラは血圧の薬を飲んでいる方や、血圧に異常がある方は併用してしまうと危険になってしまうことがあります。

カマグラは血管に直接作用しているのでしょうか。

勃起をするとき、興奮や刺激を感じると脳や体が刺激を感じ取り、一酸化窒素を出しそれによりサイクリックGMPが増えていきます。それにより血液や筋肉を緩めていきます。すると血液の流れが増え、ペニスに大量の血液が流れ込むようにしていきます。ペニスにある海綿体といわれるスポンジが血液を含んで膨らみ、勃起が起こる仕組みです。

 

勃起には、神経、血液、物質、筋肉、ペニス、精巣などたくさんの働きを体がしてくれることで成り立ちます。一つでも働かないと勃起をすることが出来ません。それだけ勃起はデリケートなのです。

カマグラで勃起させることが出来るのは、この働きを阻害する物質を抑制させることが出来るからです。

勃起する働きを阻害するっていうとなんでそんな物質が出るんだろう、と思ってしまいますが、実際四六時中勃起したままの姿でいるのは辛いですよね。射精した後などに勃起を収まらせる物質を出すことで、血液が陰茎から体内に戻り、勃起を抑えることができます。

それが、「PDE5」という酵素です。

しかし厄介なことにこのPDE5は、EDの人は何らかの原因で、勃起をしようとしているときに、このPDE5が優位に働いてしまうことが多くなります。

PDE5を抑えて、本来の勃起する働きを助けるのが、カマグラの役割です。

また、カマグラは血管を拡張させてくれる働きもあります。そのため、服用すると血圧が少し下がることが報告されています。血圧を下げる薬と一緒に飲んだ場合、副作用が強く出てしまうことがあります。

 

カマグラを飲むと血圧が上がるの?下がるの?カマグラの副作用とは

qimono / Pixabay

しかし、カマグラはどのくらいの血圧の人であれば飲んでもよいのでしょうか。

飲んでしまったら副作用がどう出てしまうのか、気になりますよね。

 

カマグラを飲むと、血圧が下がりやすくなります。血圧が下がることで起こる症状は、立ちくらみや、めまい、動悸が起こることがあります。

 

また、カマグラ自体の副作用には、頭痛や顔のほてり、視覚異常、鼻がつまる、腰背の筋肉痛、湿疹が出やすくなります。カマグラを服用しての車の運転は、危険を伴いますのでしないようにしてくださいね。

副作用は、カマグラの効果が切れるとなくなっていきます。

 

低血圧の人が飲んでしまうと、血圧が下がりすぎてしまったり、高血圧の薬を飲んでいる人が飲むと、効きすぎてしまって血圧が下がりすぎてしまったりする可能性があります。

 

【服用できる血圧】

収縮期血圧170㎜Hg、拡張期血圧100㎜Hgに達しない人であれば、カマグラを服用することが出来ます。

 

【服用できない血圧】

低血圧はWHO(世界保健機構)によると、収縮期血圧100㎜Hg以下、拡張期血圧が60㎜Hg以下の状態を言います。また、収縮期血圧170㎜Hg以下、拡張期血圧が100㎜Hgの高血圧の方も、カマグラの使用は控えるようにしてください。

 

【血圧が影響して併用できない服用できない薬】

狭心症治療薬:ニトログリセリン、ニトロール、ノルバスク、アムロジン、シグマートなど

 

不整脈治療薬:キニジン、アミサリン、アジマリン、リスモダン、シベノール、アンカロンなど

 

以上を服用している方は、カマグラを使用しないようにしてくださいね。

 

血圧が高めの方のカマグラを飲むときの注意方法

voltamax / Pixabay

しかし、高血圧や低血圧で治療薬を飲んでいるときにEDになってしまうこともありますよね。その時にED治療薬として、カマグラを飲んで効果を感じたいと思う方も多いですよね。実際に血圧の薬を飲んでいるのに、カマグラを飲んだことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は、高血圧の薬を飲んでいてもカマグラを服用することは出来る場合があります。

高血圧の人は、動脈硬化になっていることが多く、血液の流れが悪くなっていることがあります。それだけでもEDになりやすいのですが、血圧を下げる薬によってEDになりやすくなるのです。治療として、PDE5に作用するED治療薬を医師から処方されることがあります。

しかし、高血圧で降圧剤を服用している方で飲んでもよいといわれているのが、「勃起しているのに、十分な硬さが得られない人」です。高血圧で降圧剤を飲んでいる方は、飲む時間を数時間ずらすことで、薬を飲むことが可能になることもあります。くれぐれも同じ時間に一緒に飲まないように気を付けてくださいね。

基本的には、高血圧の方や高血圧で治療されている方にとって、カマグラは一緒に飲むと危険な薬です。飲む前に医師に相談してください。

 

低血圧の人も、同じで心臓に負担がかかりやすくなりますし、血圧が低下しすぎることもあります。服用は避けてくださいね。

 

また、お酒と一緒に飲むと、カマグラの効果が半減してしまいます。お酒の作用で血圧がますます下がりやすくなります。飲みすぎると、感覚がマヒしてしまい、勃起につながらないことがあります。ED治療薬であるカマグラは媚薬ではないため、性欲を強くしたりムラムラさせたりする作用はありません。勃起につながらなければ意味がないので、お酒を飲むのは少量にするなど配慮するようにしてくださいね。

 

カマグラの飲み方

カマグラは、一日一回の摂取量を守ってくださいね。効果が出るまでに、約1時間かかります。空腹時でお酒を飲んでいないときに効果が表れやすいので、空腹時に飲むようにしてくださいね。

 

まとめ

カマグラは、血圧や心臓病など血管に作用するときに服用すると、心臓に大きな負担がかかってしまいます。そもそもEDになる原因の多くは、動脈硬化などによってうまく血液が流れていない場合が多く原因は高血圧の方が多いです。

そんな中血管を広げる作用があるカマグラを使用すると、心臓や血管に思わぬ影響を及ぼすことがあるので、きちんと医師に相談してから服用するようにしましょう。

バイアグラを摂取している人は、バイアグラとカマグラの成分はほとんど同じですのでカマグラに変えてもさほど問題はありません。

カマグラは少し血圧を下げる作用がありますので、薬を飲んでいる方やお酒を飲む場合は気を付けて摂取するようにしてくださいね。

-情報・豆知識

Copyright© カマグラゴールド宅配便 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.