情報・豆知識

高血圧でもカマグラは飲んでも良い?

更新日:

性交中に中折れしてしまい思うように勃起しない、前戯をしたり性的興奮があっても全く勃起しないといった勃起不全や勃起障害といったED症状を患う原因は心因性ED、器質性ED、薬剤性EDなど大きくわけられています。

心因性EDとは心理的・精神的なことが原因で起こるED症状です。

うつ病などの精神疾患以外にも会社や家庭環境のストレスや幼少期などに性的トラウマがあることでEDを発症してしまうものです。

高血圧が原因で勃起不全や勃起障害といったEDを患うことを器質性EDといいます。

器質性EDは身体のどこかしらに原因があり、勃起をさせる機能が低下もしくは勃起がおきなくなるとされています。

カマグラはED治療薬として服用がされるもので、勃起を促すことに効果があります。

高血圧でEDの発症がみられた場合に、どういったことで勃起しなくなってしまうのか、ED治療薬のカマグラは高血圧が原因のEDでも服用をして問題はないかについてまとめていきます。

高血圧だとEDになるリスクが上がる?!

frolicsomepl / Pixabay

高血圧とは血圧が常に高いことです。

健康な人の正常血圧として最大血圧(収縮期血圧)120~129mmhg/最小血圧(拡張期血圧)80~84mmhgがひとつの指標としてあり、高血圧は最大血圧(収縮期血圧)140~159mmhg/最小血圧(拡張期血圧)90~99mmhg以上の数値のことをいいます。

血圧というのは血管内の圧のことで、血液が流れ血管内の壁に当たることで血圧は測られています。

血圧が高い状態だけでは目に見えた影響は起こりませんが、知らず知らずのうちに身体の中で徐々に悪影響へと変わります。高血圧の状態では血管内での血流の圧が高いので、血管が痛められ傷つき劣化や老化の進行を早めてしまいます。

高血圧になる原因は年を重ねることでの加齢(血管の老化)の他に食事や運動など生活習慣に深く関与している面も多くあり、生活習慣病のひとつとしても高血圧は問題視をされています。

高血圧になりやすい生活習慣として喫煙、飲酒、塩分多摂取、太り気味、減量中などがあげられるので毎日の生活で高血圧にならないよう健康管理が必要です。

高血圧でEDの原因になるリスクが高まる理由として合併症の動脈硬化があげられます。動脈硬化を起こすことで血管が弱く脆くなり柔軟性を失われることで、血栓(血液の詰まり)が出来てしまい血液がスムーズに流れなくなります。

器質性EDは血管が不健康なことがひとつの原因ともいわれており、高血圧により動脈硬化が起こるとEDになってしまうということですね。

動脈硬化による血流の悪循環は全身に作用をします。体内の動脈の太さは部分によって異なりペニスの動脈(約1~2cm)、心臓付近の動脈(3~4cm)、脳付近の動脈(5~7cm)とされています。

動脈硬化の影響は細い血管から順番に進行していくので、他の動脈よりも細いペニスの血管は最初に影響を受けやすいといえます。

 

 

カマグラは高血圧が原因のEDでも飲んで問題ないか

bernswaelz / Pixabay

高血圧などで動脈硬化が進みの器質性EDを患った場合でもカマグラを飲めるかについてのお話をしていきます。

 

カマグラは血管拡張作用があることで勃起を促す効果が得られます。これはカマグラの成分であるシルデナフィルの作用ですが、血管を拡張し血流の確保を促すことで身体は血圧低下の状態になります。

 

血圧が高く、高血圧症を患っている場合は医師から血圧を下げる降圧剤を処方される場合があります。カマグラと併用をすると高血圧症による降圧剤で血圧を下げるのと同時にカマグラの血管拡張でダブルに血圧低下に作用が強く出てしまうことが考えられ、降圧剤で正常な血圧数値に戻す以上に低血圧になりめまいやふらつきが起こることがあるので十分に注意が必要です。

 

高血圧の治療で処方をされる降圧剤などの治療薬はカマグラの併用禁忌薬には該当しないので絶対に併用してはいけないといったものではありません。

 

血圧に作用するような薬の併用は服用する上で注意が必要とされることもあります。血圧数値が問題でED治療薬の服用を心配されるよいうなことがあれば、自己判断はせずに医師に相談をしてください。

 

 

また、血圧数値によりカマグラを服用をしてはいけない人もいます。

 

  • 低血圧の方

最大血圧(収縮期血圧)90mmhg未満または最小血圧(拡張期血圧)50mmhg未満

  • 高血圧の方

最大血圧(収縮期血圧)170mmhg以上/または最小血圧(拡張期血圧)100mmhg以上

 

上記のような低血圧、高血圧の方はカマグラを服用をすることは出来ません。

 

ED治療を行う上でカマグラの服用を検討をされているのであれば、健康管理を行いカマグラを服用しても問題のない血圧数値にする必要があります。

 

 

 

 

高血圧でカマグラが服用出来なければ生活習慣を見直すこと

jill111 / Pixabay

 

ED症状がみられ高血圧だからカマグラは飲めないのかと諦めてしまう訳にもいきません。

高血圧がみられる場合生活習慣を見直し改善するように意識をしましょう。

 

  • 食事

糖質の過度な摂取や、カロリーオーバーをしないような食事を取りましょう。

精製された塩は塩化ナトリウムであるため摂取のし過ぎは血圧上昇への原因となります。塩分の摂取は加工食品なども含め1日6gが目安とされています。

また、アルコールの摂取は適量であれば血行を良くし一時的に血圧を下げる効果がみられます。しかし、お酒の飲み過ぎは反対に血圧を上げてしまいますので、アルコールの取り過ぎはよくありません。

 

  • 運動

 

適度な運動を行うことで高血圧の改善につながります。運動を行うことで神経が働き血管を拡張させ血圧低下させる、インスリンの働きが良くなり血圧上昇を抑える、代謝が上がることで汗をかいたり利尿作用が起こり体液量が減少することで血圧低下にも効果があるといわれています。

 

  • 喫煙

タバコを吸うことで高血圧になるということは明確に証明はされていません。

ただ、喫煙をすると一時的に血圧の上昇は起こります。タバコの本数が多い方は本数を減らしたり、出来れば禁煙を行えば高血圧のリスクが下がるといえます。

 

 

ED症状は身体の不健康から患うこともあります。自分はEDかも?と疑いがありましたら生活習慣、健康改善を見直していくと良いでしょう。

高血圧でEDが見られるようなことがあれば、血圧数値を注意した上でカマグラを飲むようにしてください。

 

-情報・豆知識

Copyright© カマグラゴールド宅配便 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.