情報・豆知識

カマグラとアルコールを摂取するときは適度な量を守るようにしよう!

更新日:

男女のコミュニケーションのひとつで美味しい料理を食べる、美味しいお酒を飲むといったことがあると思います。

お酒を飲んでいて良い雰囲気になれば気持ちが高ぶり、興奮して性的欲求が上昇するということもあるでしょう。

そんなときにEDを患っていて治療薬であるカマグラを服用されている方で、

カマグラとアルコールを同時に摂取しても問題はないのか?と疑問に思うことはありませんか?

せっかく良い雰囲気になれたのに、そもそもEDを患っていてカマグラに頼らないと勃たないといった場合はどうすればいいのでしょうか?

結論から言うと大量のお酒を飲んだ時にはカマグラの服用は控えるべきなのですが、

アルコールの量を自己管理出来れば、カマグラを一緒に服用をしても問題がないといわれています。

でも、それだけ聞いただけでは安心が出来ない!と

EDを患っていてお酒との相性について気になる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は具体的にカマグラとアルコールの相性についてまとめていきたいと思います。

カマグラを飲むときにアルコールの摂取をしても問題はない?

annca / Pixabay

あまりに飲み過ぎるとダメですが、

実はお酒と性行為の相性は良く、適度な量のお酒を飲むことでリラックス効果があり緊張を和らげたり、気持ちを落ち着かせることが出来ます。

そのため、お酒を飲むからといって絶対にカマグラを飲んではいけないということはありません。

適度な量であればリラックスをしている状態なので、勃起をしやすくなるといったメリットがありますが、適量といわれているお酒の量はどのくらいでしょうか?

一般的に1日の適切なアルコールの量は20g程度といわれています。

もちろんお酒が強い、お酒が弱いなどアルコール分解には個人差がありますが、

下記が目安の量になります。

日本酒1合(180ml)

ビール中瓶(500ml)

ワイン2杯(240ml)

ウイスキーダブル1杯(60ml)

お酒が弱いと感じている方はこの量よりか少ないアルコールの摂取が適量といえるでしょう。

実感値としてほろ酔い位の程度で飲酒を止めるのが良いでしょう。

あくまで目安になりますが、上記のお酒の量が気持ちよくリラックス出来る量とされています。

カマグラを服用する際は、この飲酒量を守って服用をするようにしましょう。

また、カマグラの成分であるシルデナフィルは血管拡張作用があり血行を良くする働きがあります。

そのため、お酒とカマグラを一緒に服用することで、酔いが早く回るということもありますので、お酒の飲むペースには注意をしましょう。

お酒の飲み過ぎには注意!知っておきたいアルコールの摂り過ぎとEDの関係

coxy1979 / Pixabay

日常的に飲酒を続けていて勃たないということはありませんか?

たまたま飲み過ぎで勃起をしないということであれば特に問題はありませんが、

毎日飲酒は欠かせない!慢性的にお酒を飲んでしまうという方は注意が必要です。

何故なら、そもそものEDの原因が飲酒によって引き起こされている可能性があるからです。

お酒を飲み過ぎると「糖尿病」「高血圧」「肥満」などになるリスクが高くなります。

これらの疾患は生活習慣病とも呼ばれ、発症をすると合併症で動脈硬化を起こすとされています。

そして、この動脈硬化がED症状にかかる危険性を高めます。

動脈硬化とは

健康的な血管は柔らかく柔軟性があることで血流をスムーズに全身に流す働きがあります。

生活習慣病を患うと血液がドロドロして流れが悪くなり、血管内が詰まりやすくなると共に血管が傷つき硬くなってしまいます。

動脈硬化は文字通り動脈が硬くなる状態のことです。

動脈の柔軟性が失われることで、血流をスムーズに送ることが出来なくなり全身の血流の流れが悪くなります。

動脈硬化を起こすことでのED症状

動脈硬化が起こると全身の血管の血流の流れが悪くなります。

そして血液の詰まりが起こることで様々な身体の疾患の原因となります。

その疾患の中でも一番最初に影響をされる可能性が高いものが陰茎部の血管です。

陰茎部の血管は心臓や脳などの臓器に比べて血管が細い特徴にあります。

細い血管が詰まり、陰茎部組織内にある海綿体に血液が送られないことで勃起不全や勃起障害といったED症状を患うことにつながります。

以上のことから頻繁に大量のお酒を飲む習慣のある方はEDを発症しやすいともいえます。

また、動脈硬化の合併症からED症状を患いカマグラを服用する際には、大量のお酒を飲まれるようなことがあれば身体に大変な負担になりますので、お酒の量を減らすようにしましょう。

アルコールは適度の量にすることが大切

Pexels / Pixabay

今回、適量のアルコールであればカマグラと一緒に飲んでも問題はないとお伝えをしてきましたが、

仮にお酒を飲み過ぎてしまった場合にカマグラを飲んだらどうなるかについてお話をしていきます。

まず心臓病や高血圧の疾患でEDを患っていてお酒を飲み過ぎでカマグラを服用した場合は、心臓や血管など身体への負担が大きくなります。

お酒の作用により血行が良くなっている状態でカマグラを服用すると、成分のシルデナフィルの作用が効き過ぎてしまい命の危険にも関わってきます。

また、特に身体は健康だけれどもEDを患っている方がお酒の飲み過ぎでカマグラを服用した場合、血行が良くなり過ぎて陰茎部の海綿体に血液が溜まらなく勃起が起きないことがあります。

カマグラを飲んでも身体に負担だけ掛けて、効果を得られないという無意味なことになってしまうので、やはり飲み過ぎの時はカマグラの服用は控えるべきでしょう。

そのためEDにお悩みの方は飲酒をする際はアルコールの摂取量に注意をしてカマグラを服用するようにして下さい。

また、人によっては適量範囲のお酒を飲んで勃起力が落ちる、

お酒を少しでも飲んだだけでも勃たなくなるといったことがある方もいるので、

そのような方にもカマグラを飲んで頂く事をおすすめします。

-情報・豆知識

Copyright© カマグラゴールド宅配便 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.